ホーム > ご案内 > 栽培ポイント・病害虫対策 > ウドンコ病ツルワレ病に強いメロン

栽培ポイント・病害虫対策

金未来メロン - ウドンコ病、ツルワレ病に強い、糖度の高い黄皮メロン

金未来メロン渡辺農事株式会社 / 野菜種子の生産と販売
商品詳細はこちら

特性

  1. ウドンコ病、ツルワレ病に強く、ベト病にも極めて強い、裂果の少ない栽培容易な黄皮メロンである。
  2. 草勢は中位、葉はやや小ぶり、側枝の発生良く節間はやや短めである。
    雌花の着性、着果性、肥大力ともに安定している。
  3. 果は豊円形で鮮濃黄色の滑らかな美しい肌。
    果重は1.8~2.0kg位、果肉質は繊維のない細やかなメロン質で香りに富む。
    肉色は白橙色で目にも鮮やかな印象を与える。
  4. 作型によって登熟日数は異なるが、開花後およそ45~48日位を標準収穫期とする。
    糖度は15~17度で、個体むらが少なく、発酵がないので日持ちが良い。
  • 整枝作業は必ず晴天の日に行い、夕方には傷口が乾くようにする。
  • 這い栽培では子づる2本仕立て、9節までの孫づるは早めに積み、着果予定節位の孫づる12~13節は2枚残して摘芯し、その先は1葉で摘芯する。
    2本仕立てで4個どりとする

栽培の目安

(関東標準)
栽培の目安

栽培法

  1. 育苗・定植
    連結ポット育苗では、育苗期間30日程度を目安とします。
    育苗期の温度管理として、発芽揃いまでは昼間30℃前後、夜間25℃を確保できるようサーモスタットを設定。
    発芽後は昼間25~30℃、夜間23℃程度として、定植時期の夜温は20℃前後として下さい。

    定植後の温度管理
    定植後数日は高めに温度管理し、活着を促進させて下さい。
    活着後、昼間の最高気温は30℃程度、最低気温は13℃以上確保できるようにして下さい。
    交配期~果実肥大期⇒昼間気温30℃前後、最低気温15℃を確保し、果実の肥大を助長します。
  2. 整枝(子づる2本仕立て)
    親づるを苗の時点で4~5節で摘心した場合、活着が少し遅れることがあるので、定植後の摘心が良いです。

    8節以下の子づるは早目に摘み取り、9~12節の側枝を結果枝とします。
    着果個数は4果どりが適しています。5果どりでは、果実が少し小さくなることがあります。
1.施肥量(10a当り)
成分量 N.10~15kg、P.20kg、K.10~15kg
圃場準備(耕起、整地、基肥施肥)は、定植15日前までには終わらないようにする。
窒素が生育期間中ムラなく吸収され、収穫前に切れる状態になるよう、前作の残肥を計算して施用する。
育苗日数35~38日前後、展開葉3~3.5枚の苗節時に定植。
2.整枝、地這栽培
親づるは5節で摘心
定植後10~12日後、子づるがある程度揃ったときに、2本または3本を主枝として残し、ほかはかきとる。
8節以下の側枝は早めに摘み取る。
着果節位は9~12節の範囲に結果枝(孫づる)とする。
3.水分管理
活着促進のため鉢のまわりに潅水を行う。定植の4~5日後、早朝に葉に露が見られたら、潅水を止める。
以後、開花~着果期まで、よほど土壌が乾燥しない限り、潅水を控える。着果確認後から、潅水をはじめ、果実の肥大を促進させる。(あまり多水分では、果実肥大期に裂果が出ることがあるので注意する。
逆に極度に乾燥させると、生育後期に草勢が衰え、糖度がのらないこともあるので、水分管理に注意して下さい。

裂果する条件
肥料、土壌水分過多になると起こり易い。
4.収穫
基本的には果梗部の離層がはがれるころ。
果皮の色上り、結果枝の苦土欠乏症状などが見られたら収穫に入る。

ページトップへ

栽培ポイント・病害虫対策

ご案内

野菜主要品種検索

渡辺農事の野菜品種の品目をご紹介致します。

種苗販売店検索

あなたのお住まいの地域の種苗販売店を探します!
地図上のあなたのお住まいの都道府県をクリックして下さい。
種苗販売店を検索
会社概要